読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小石sakebar(日本酒バー)

お酒では日本酒をメインに飲んでいる自分としては気になっていた店です。

土曜日の21時ごろに訪問。おしゃれな外観の店です。

1人だったのでカウンターでしたが、テーブル席もあります。

日本酒が100種類以上あるのが売りなのですが、両隣が獺祭を飲んでいたのにがっかりしました(笑)

料理は隣の石まつ三代目で作られています。ですから「バー」にしては料理が良いのですが、そのせいで料理のラストオーダーが22時と早かったりするのが残念です。

まずはお通しが出て、刺し盛り(1人前1000円)と胡麻葛豆腐を…

と注文すると胡麻豆腐はきれたとのことでぶり大根を…

やっぱり切れたとのことでアワビ肝醤油(1500円)を注文しました。

刺身、アワビともおいしかったです。そうしたら早くも料理のラストオーダーということで秋野菜の湯葉あんかけ(900円)を注文。優しい味で暖まりました。

これと日本酒3種で会計は6400円でした。

1人だったのであまり種類は頼めなかったものの食事もおいしいですが、日本酒メインで楽しむ店ですね。

2人からですがコースが3500円だそうなので、食事も兼ねてならコースを頼んだ方が良いのでしょう。

 

     

 

 

小石日本酒バー / 胡町駅八丁堀駅銀山町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

広島三越の名人の台所~東珍康(とんちんかん)の油そば

最近、休日の昼を広島三越地下にある名人の台所でとることが結構あります。

全国の名店の麺類を食べることができるというコンセプトのようです。

時々広島の店のこともあって、今回は尾道ラーメンの東珍康(トンチンカンと読みます)が出店していました。

尾道ラーメンでは駅などで即席めんも販売している程度の店ですが、代表格の朱華園に比べると地味な感じがします。朱華園やつたふじと比べると、尾道駅や商店街からは離れた場所にあるのも原因かもしれません。新幹線の駅である新尾道駅には比較的近いんですけどね。

それでも休日の昼ともなると行列ができます。

実は尾道の病院に勤めていたことがあるので尾道には少し詳しかったりします。そして病院から一番近い尾道ラーメン屋が東珍康だったのでちょくちょく行っていました。平日はすいていますし。

で、懐かしかったので久しぶりに食べてみることにしました。

ここでのメニューは尾道ラーメンと油そば

実は東珍康は尾道ラーメンの店としてもおいしいのですが、ユニークな様々なメニューの店という印象があります。とんかつラーメンやハンバーグラーメン等々…

ただ、油そばには見覚えがなかったんですよね。で、頼んでみました。

味はまさしく尾道ラーメンのだしを濃くしたものに麺をからめる感じでした。ラー油と酢が一緒についてきてたのでかけて食べましたが、酢をかけて食べるとさっぱりしてとてもおいしかったです。

値段も本店よりは100円高い程度でまずまず良心的でした。前に讃岐うどんの店が来たときは値段が倍近かったですからね。肉うどんが1000円とか!

 

遊山(ラーメン)

一応広島市ではありますが、周囲には何もないのに評判のよいラーメン屋です。

仕事で高陽まで来たので帰りに足を伸ばしました。

以前疲れてたときに豚骨の香りにやられ、店前で引き返したリベンジです。

今回は店前の豚骨の香りはあまりしませんでした。

前回は早かったから仕込みの臭いがしていたのかもしれません。

18時すぎでしたが先客は3人いました。

ラーメンは結構種類がありました。

 

初回なのでとりあえずはオーソドックスな遊山で煮卵トッピングしました。

色が濃くて驚きましたが、もたれる感じではないですね。聞いてた通り広島ラーメンの濃厚スープバージョンって感じですね。

ただ、麺が粉っぽい?のが気になりました。スープは美味しかったんですけどね。

 

今度は食べログで高評価のつけ麺を食べてみようと思います。

 

中華そば 遊山ラーメン / 狩留家駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

忘年会シーズン

明日から12月。

忘年会シーズンですね。

病院では、通常は新入りが出し物をします。

医師は転勤だらけなので数年に1度出し物をするって人が多いですね。

新人でも部長クラスはする場合としない場合と両方あります。

看護師さんは病棟が変わった場合も出し物をするところと、完全な新人のみのとことがある様子。

病院全体の忘年会がある場合は、研修医(初期臨床研修医)はそこで出し物をするということが多いです。これはクオリティが求められるので結構プレッシャーです。

医師の出し物は科によって雰囲気が違います。下ネタに走りがちのところとか、必死に練習が必要なとことか…

 

今年は自分は新入職員扱いなので芸出しをしないといけません。

周囲を聞くと、今年の一番人気は恋ダンスで、それからPPAPのもよう。

なにをすることになるのでしょうか?男性医師は女装か脱ぐかと言われていますが…

かねよ(うなぎ、京都)

京都に行ったときに寄りました。

テレビにも取り上げられる有名店で人気店ですが、平日の17時頃に行ったのであっさり座れました。

普通の店の昼時くらいには客がいたので、平日の17時の割には多いとも言えるかもしれません。カウンターはありませんが一人客も結構いました。

ほとんどの方がきんし丼の並を頼んでました。

私は平日の時間限定のちょっといっぷくセット(1800円)と肝吸い(350円)を注文しました。

f:id:takkunatonnbo:20161130012651j:plain

ちょっといっぷくセットは名物きんし丼の小とうざくの小、ビールの小がついており、色々食べたい人にはお得感があります。きんし丼並より安いですしね。

f:id:takkunatonnbo:20161130013038j:plain

きんし丼の卵は全然錦糸卵ではありませんが、ふわふわで下にうなぎが隠れています。うなぎも柔らかく、生臭さはなくおいしくいただきました。うなぎが2切れと少ないのは小サイズだから仕方ありません。そもそもうなぎより卵が主役なのでしょう。ただし、ご飯の量は結構あります…

うざくは酸味が強くなく好みの味でした。肝吸いも癖はなく、 柚子の香りが嬉しかったです。

 

ここは老舗ですが敷居は高くなく、明るい雰囲気の店です。このうなぎが貴重なご時世に、こういった性質の店としてはCPもかなり優れているのではないでしょうか。

頑張られているいい店だと思います。

f:id:takkunatonnbo:20161130014329j:plain

かねようなぎ / 京都市役所前駅河原町駅三条駅
昼総合点★★★★ 4.3

為楽庵(そば)

夜ご飯にお邪魔しました。

牛田の住宅街にあります。

裏通りにあるので土地勘がないと迷いそうですが、牛田は縁のある土地なので店の前は何度か通ったことがあります。行きたいと思っていたので念願がかなった感じです。

ミシュランガイド広島で一つ星を取った店ですね。牛田には他に和食の喜多丘が一つ星を取っていますが、こっちも未訪なのでいずれ行きたいと思っています。

この店のご主人は、メディアでも取り上げられたあの達磨で修行されたとか。

結局、達磨も行けなかったんですよね…県内だったのに…

 

18時過ぎに店に入ったところ、先客は2組でしたが、店員さんの姿がなく困ったもののとりあえず空いていた席に座りました。

いいのかな?って思っているとご主人の奥さんらしき人が少々お待ちくださいと声をかけてくださいました。

どうやらご夫婦でやっておられるようでなかなか忙しそうにされていました。

まずは基本をと思いそばはざるそばを注文。一品料理で味噌豆腐、にしん煮、だし巻き卵、日本酒を注文しました。

味噌豆腐はゆず味もありますと言われたので、ゆず好きの私はゆず味を注文。恥ずかしながら初めて食べたのですが、チーズみたいな感じになっていて味は濃いですが一緒に酒を飲むのによいですね。固めの木綿豆腐と味噌で作れるみたいなので作ってみようかな…

にしん煮は当然にしんそば用なので、甘く柔らかくおいしくいただけました。だし巻き卵はふわふわでしたが、醤油がない状態だとかなり薄味に感じました。が、醤油はないので味噌豆腐をつけて食べてみたりしました(笑) 結構いけました。

そばは二八そばでコシが強いもの。つけ汁も醤油の香りがしっかりしていますが決して醤油辛くはなくおいしくいただけました。ただ、普通の量を頼みましたが、そば単体で頼むと、ほとんどの人にとってきっと足りないんじゃないかと思います。

 

今度はナッツのつゆのものや、人気の鴨をいただきたいと思います。

写真はお断りと書いてありましたが、お願いしたらとらせていただけることもあるようです。

 

 

為楽庵そば(蕎麦) / 白島駅(アストラム)牛田駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

「若い」

かつて臨床研修医だった頃、内科や外科で40~50代の入院患者さんは「若い」患者さんでした。老人が多いからです。

 

しかし、小児科になると、色々な例外はありますが、基本的に中学生以下が対象です。中でも小学校低学年までが多いです。

新生児も診てるとこはもっと小さい患者が多いし、新生児科で働いていると入院は0歳ばかりになります。

血液腫瘍の患者はやや年齢高めですが、それでも基本的に中学生までなのは同じです。

 

そういった患者さんばかりと接していると、10代は大きいし、20代は長く生きてるように感じてしまいます。

亡くなるのもそういった子供たちです。もともと子供好き(そうでないとやっていけません)だし、小児科は死ぬ患者さんは比較的少ないので、死にはなかなか慣れません。その子が健康であった場合の未来に思いをはせてしまいます…

 

そして30代での癌を「若い」とは感じなくなった自分に気づきます…